人生が変わるダイエットジム
ダイエット専門栄養士が監修
ウェルネサイズパーソナルジム銀座

平日、土曜日、日曜日、祝祭日:7:00~23:00

人生が変わるダイエットジム。ダイエット専門栄養士が監修
ウェルネサイズパーソナルジム銀座

筋肉痛と筋トレの効果

筋トレをした次の日やその翌日に筋肉痛になることがあります。筋肉痛になると「ちゃんと効いてる!」と感じ、逆に筋肉痛にならないと「追い込みが足りなかったのかな…」と不安に思う方も多いはず。
では、筋肉痛にならないとトレーニングの効果はないのでしょうか。今回はその辺りを解説したいと思います。

筋肉痛は、普段あまり使わない筋肉に負荷をかけた場合になりやすいですよね。実は、この筋肉痛の原因については医学的に解明されているわけではないのですが、運動により傷ついた筋線維が修復される過程で痛みが生じるというのが現在の有力説です。
筋肉痛は、トレーニング初心者の方がなりやすく、これは筋肉が発達していないためです。そのため、必ずしも筋肉痛=筋発達というわけではありません。

筋トレを続けていると筋肉痛の頻度が減ってきます。これはいくつかの原因が考えられますが、筋トレに慣れてきたということが一つ挙げられます。筋肉が負荷に慣れてくることで筋線維が傷つきにくくなり、筋肉痛にもなりにくくなります。あえて筋肉痛になるまで激しくトレーニングを行う必要はないのですが、もしマンネリ化しているのであれば筋肉の発達も緩やかになってしまう可能性があります。
この場合、負荷を上げてみたり、普段と違うメニューを行ったりといった工夫が必要です。また、筋肉痛は筋肉を伸ばす種目を行うとなりやすいといわれています。よって、ストレッチ種目を取り入れるなどもよいでしょう。

なお、筋肉痛になった状態で筋トレを行ってしまう方がいますが、あまりお勧めできません。というのも、筋肉の回復には48時間から72時間程度かかるといわれており、回復する前に筋トレを行うと、炎症を悪化させてしまう可能性があるためです。また、筋肉痛が残っていると力が出ないため、十分な負荷をかけることが難しくなるためです。
ちなみに、週1、2回程度のパーソナルトレーニングでは筋肉痛になることが多いようです。適度な頻度であり、筋肉が回復した状態で適度に追い込むことができるためです。

筋肉痛はあくまで一つの指標であり、筋肉痛にならなかったからといって筋トレの効果がないということではありませんが、毎回のトレーニングで適度に追い込めているか確認してみるものよいかと思います。