人生が変わるダイエットジム
ダイエット専門栄養士が監修
ウェルネサイズパーソナルジム銀座

平日、土曜日、日曜日、祝祭日:7:00~23:00

人生が変わるダイエットジム。ダイエット専門栄養士が監修
ウェルネサイズパーソナルジム銀座

美脚になるためのトレーニング①

すらりと伸び、ほどよく引き締まった細い脚。美脚は多くの女性にとっての憧れですよね。一昔前に比べてタレントやモデルが脚を強調することも多くなり、美脚になるためのトレーニングやマッサージなどはメディアやSNSでもよく取り上げられるようになりました。そこで、今回から複数回にわたって美脚になるためのトレーニングなどを解説していきたいと思います。

第1弾は、太ももについて。太もも痩せを目指し、美脚になるための方法を解説します。
一口に太ももといっても多くの筋肉が存在しますが、注目したいのが太もも裏の筋肉である大腿二頭筋などの「ハムストリングス」と、太ももの内側の筋肉である「内転筋」。これらを鍛えることにより、きれいな脚のラインを作ることができます。というのも、これらの筋肉は鍛えたとしてもそこまで外に張り出してくることはなく、大きな筋肉であるため、脚を太くすることなく筋肉量の増加による代謝を上げることができるためです。逆に太ももの前の筋肉である大腿四頭筋を過度に鍛えてしまえば、前に張り出すことにより、太ももが太く見えてしまいます。

ハムストリングスを鍛えるためには、ノーマルスクワットが効果的です。ノーマルスクワットは、足幅を肩幅くらいに開き行うスクワットです。太ももと床が平行になる程度までしゃがむことがポイントで、しゃがみすぎると前の部分に効きすぎてしまうので要注意です。慣れてきたら、負荷をかけるために、バーベルやスミスマシンを使用して行ってもよいでしょう。
また、ブルガリアスクワットも効果的です。ブルガリアンスクワットは、片方の足のみで行うスクワットで、椅子などを使用して行います。片方の脚のつま先を椅子に軽く乗せ、片方の脚で深くかがみます。このときに、胸を張ることと、かかと重心で行うことがポイントです。そうすることにより、ハムストリングスに効かせることができます。

そして、内転筋を鍛えるために効果的なトレーニングがワイドスクワットです。ワイドスクワットは脚を肩幅の1.5倍から2倍に開いて行うスクワットです。初めはダンベルなどを持たず、両手を前に組んで行うとよいでしょう。ある程度回数がこなせるようになったら、ダンベルを両手に持ち、両手を下に垂らした状態で行うと負荷がかかり、より効果的です。
また、サイドランジも効果的です。サイドランジは、直立した状態から右に膝を曲げて再度直立し、左に膝を曲げて再度直立し、という動作を繰り返すものです。ポイントは、左右に膝を曲げた際にしっかりストレッチを効かせることです。これにより、内転筋に効果的に刺激を与えることができます。

他にも、ハムストリングスや内転筋を鍛えるための様々なトレーニングがありますが、代表的なものは以上になります。
ぜひ参考にしてみて下さい。