人生が変わるダイエットジム
ダイエット専門栄養士が監修
ウェルネサイズパーソナルジム銀座

平日:10:00~22:00、土日祝日:10:00~20:00

人生が変わるダイエットジム。ダイエット専門栄養士が監修
ウェルネサイズパーソナルジム銀座

パーソナルトレーニングの効用

結果を出すためのダイエットやボディメイクは、コツコツ努力を継続する必要があることは皆さんもご存じだと思います。頭ではわかっているけどなかなか続けられない…。そういう方も多いですよね。何事もモチベーションを維持するのは難しいものです。忙しいときや体調があまり優れないときも継続できるようにしないと結果は出ません。

やはり、トレーニングを継続するにはパーソナルトレーニングを利用した方がよいかと思います。当社の調査でも、パーソナルトレーナーを付けた場合と、一般のトレーニングジムに通う場合とで、1年間の継続率に倍もの差が出ているという結果が出ています。もちろん、パーソナルトレーナーを付けている場合の1年間の継続率が付けない場合の倍ということです。なぜパーソナルトレーナーを付けた場合の継続率が高いのか。その理由は、
・通常は予約を1カ月先まで入れることから、いい意味で強制される
・トレーナーに適度に追い込んでもらうために成果が出やすく、成果が出ればモチベーションも高まる
・トレーニングのことだけではなく、食事のこともトレーナーに質問できるため、知識も豊富になり楽しくなる
・ある程度の金銭的負担があることから、結果を出したいという意識が高くなる

 

継続率だけではなく、短期間で目標とする体形や体重に近づくことができる点もパーソナルトレーニングの良いところです。上で述べた通り、限界まで追い込むトレーニングというのはなかなか一人でできるものではありません。やろうと思っても体がついていかなかったり、何よりケガのリスクもあります。
食事管理についても、個々人に合ったメニューを提案することが可能です。インターネットで得られる知識というのは一般的なものばかりで、ある人にとっては有益であっても、他の人には役に立たないというケースも多いです。その点、トレーナーに日々の食生活を伝えることによりきめ細やかなアドバイスを受けることが可能です。

 

一般的なスポーツジムで何年もトレーニングを行っているのに、あまり成果が出ないという方はぜひ一度パーソナルトレーニングを経験してみてはいかがでしょうか。
 

美脚になるためのトレーニング③

美脚になるためのトレーニング最終回は足首です。

キュッと引き締まった足首はパンツスタイルにもマッチしますよね。太ももやふくらはぎよりも露出の機会が多いという方もいるかもしれません。

足首を細くするためのトレーニングといえば、まず挙げられるのがカーフレイズ。カーフレイズについては美脚になるためのトレーニング②を参照していただきたいのですが、カーフレイズとは逆に、つま先を上げるトゥレイズというトレーニングもあります。トゥレイズは、

1.椅子などに腰掛ける

2.つま先を上げられるところまで上げる

3.3秒程度キープする

4.ゆっくりつま先を下げる

5.つま先が地面につく直前で再度上げる

これを繰り返します。負荷が弱いと感じる方は、例えばステップ台に立ち、つま先に軽いケトルベルを付けて行う方法もあります。

 

ウェイトトレーニングだけでなく、有酸素運動であるウォーキングも足首痩せに効果があります。ウォーキングといってもただ歩くのではなく、正しいフォームで行うようにしましょう。特に体重移動は正しく行う必要があります。具体的には、かかと→小指→親指の順に地面に着地することを心がけるとよいでしょう。

さらに縄跳びも足首を含む脚痩せに効果があります。あまり激しく行う必要はなく、前跳びを10分程度自分のペースで行うことができればよいでしょう。縄跳びは脂肪燃焼効果のある有酸素運動でもあるので、体全体のダイエット効果も期待できます。

以上、3回に渡り美脚になるためのトレーニングを解説してきましたが、いかがでしたか?

なかなか各部位のトレーニングを行うという時間が取れない方は、太ももを重点的にトレーニングするようにしましょう。膝から下は余裕があればトレーニングを行ってみて下さい。
 

美脚になるためのトレーニング②

美脚になるためのトレーニング第2弾はふくらはぎについてです。
ふくらはぎは太ももに比べると筋肉量が少なく、あまりパーソナルトレーニングでもふくらはぎだけを狙った種目は行われないことが多く、ふくらはぎの中でも大きな筋肉である腓腹筋は鍛えすぎると太くなってしまうという性質があります。

ジムでもふくらはぎを鍛えるためのマシンはありますが、まずは自宅でできるトレーニングを実践することをお勧めします。
自宅でできるふくらはぎのトレーニングといえばカーフレイズ。非常に簡単なトレーニングで、
・脚を肩幅くらいに開く
・かかとをできるところまで上げてつま先立ちになる
・つま先立ちになったら少しキープ
・ゆっくりかかとを下げていく
・これを20回程度繰り返す
これだけです。これなら隙間時間でもできそうですよね。
ふくらはぎに限ったことではありませんが、有酸素運動を組み合わせるとより効果的です。ウォーキングや軽いジョギングも週にできれば2回程度行った方がよいでしょう。

また、ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれ、血液を上へ送るポンプの役割も果たしています。このポンプがうまく機能しなくなれば、下肢静脈瘤といわれる足の静脈内に血液がたまってしまう病気になることもあります。特に運動不足で座りっぱなしの仕事をしている方は要注意です。下肢静脈瘤を防ぐためにも適度なふくらはぎの筋トレは行った方がよいでしょう。

仕事の後はふくらはぎがむくみやすいという方も多いかと思います。これも血流の低下が引き起こすもので、適度な筋トレに加えてマッサージがむくみの解消に効果的です。マッサージのやり方としては、浴槽に浸かってふくらはぎをもみほぐしたり、手を拳にして上下にさするといったものが効果的です。

ふくらはぎは普段あまり意識されないことが多いですが、ぜひ隙間時間などにトレーニングやマッサージを行ってみて下さい。
 

美脚になるためのトレーニング①

すらりと伸び、ほどよく引き締まった細い脚。美脚は多くの女性にとっての憧れですよね。一昔前に比べてタレントやモデルが脚を強調することも多くなり、美脚になるためのトレーニングやマッサージなどはメディアやSNSでもよく取り上げられるようになりました。そこで、今回から複数回にわたって美脚になるためのトレーニングなどを解説していきたいと思います。

第1弾は、太ももについて。太もも痩せを目指し、美脚になるための方法を解説します。
一口に太ももといっても多くの筋肉が存在しますが、注目したいのが太もも裏の筋肉である大腿二頭筋などの「ハムストリングス」と、太ももの内側の筋肉である「内転筋」。これらを鍛えることにより、きれいな脚のラインを作ることができます。というのも、これらの筋肉は鍛えたとしてもそこまで外に張り出してくることはなく、大きな筋肉であるため、脚を太くすることなく筋肉量の増加による代謝を上げることができるためです。逆に太ももの前の筋肉である大腿四頭筋を過度に鍛えてしまえば、前に張り出すことにより、太ももが太く見えてしまいます。

ハムストリングスを鍛えるためには、ノーマルスクワットが効果的です。ノーマルスクワットは、足幅を肩幅くらいに開き行うスクワットです。太ももと床が平行になる程度までしゃがむことがポイントで、しゃがみすぎると前の部分に効きすぎてしまうので要注意です。慣れてきたら、負荷をかけるために、バーベルやスミスマシンを使用して行ってもよいでしょう。
また、ブルガリアスクワットも効果的です。ブルガリアンスクワットは、片方の足のみで行うスクワットで、椅子などを使用して行います。片方の脚のつま先を椅子に軽く乗せ、片方の脚で深くかがみます。このときに、胸を張ることと、かかと重心で行うことがポイントです。そうすることにより、ハムストリングスに効かせることができます。

そして、内転筋を鍛えるために効果的なトレーニングがワイドスクワットです。ワイドスクワットは脚を肩幅の1.5倍から2倍に開いて行うスクワットです。初めはダンベルなどを持たず、両手を前に組んで行うとよいでしょう。ある程度回数がこなせるようになったら、ダンベルを両手に持ち、両手を下に垂らした状態で行うと負荷がかかり、より効果的です。
また、サイドランジも効果的です。サイドランジは、直立した状態から右に膝を曲げて再度直立し、左に膝を曲げて再度直立し、という動作を繰り返すものです。ポイントは、左右に膝を曲げた際にしっかりストレッチを効かせることです。これにより、内転筋に効果的に刺激を与えることができます。

他にも、ハムストリングスや内転筋を鍛えるための様々なトレーニングがありますが、代表的なものは以上になります。
ぜひ参考にしてみて下さい。