人生が変わるダイエットジム
ダイエット専門栄養士が監修
ウェルネサイズパーソナルジム銀座

平日、土曜日、日曜日、祝祭日:7:00~23:00

人生が変わるダイエットジム。ダイエット専門栄養士が監修
ウェルネサイズパーソナルジム銀座

摂っていい油と控えた方がいい油

「油」というと、ダイエットやボディメイクにはなるべく避けた方がよいもの、という印象を持たれている方も多いかと思います。油は体内に取り入れられることにより、「脂質」となりますが、脂質は人間にとって必要な3大栄養素の一つです(3大栄養素:タンパク質、糖質、脂質)。そして、1gあたりのカロリーはタンパク質と糖質が約4Kcalであるのに対し、脂質は約9Kcalです。糖質の2倍のカロリーがあるのは意外ですよね。ただし、脂質は全てがダイエットやボディメイクに適さないというわけではなく、中には積極的に取り入れるべき脂質もあるのです。

脂質の主な成分は脂肪酸といわれ、脂肪酸には「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2つがあります。飽和脂肪酸は、体にとって重要なエネルギー源ですが、体内で合成されるものでもあり、過剰摂取となりやすいです。過剰摂取となった場合には、心筋梗塞や肥満、糖尿病のリスクが高くなるため、要注意です。飽和脂肪酸は、肉や乳製品(バターや牛乳)、ココナッツオイル、チョコレートなどに多く含まれます。ただし、飽和脂肪酸の中でもココナッツオイルや牛乳多く含まれる「中鎖脂肪酸」は、消化吸収が早く、エネルギーとしてすばやく分解され、体脂肪として蓄積されにくい性質があります。よって、ダイエットにはむしろ積極的に摂取を心がけたい脂肪酸です。
一方で、不飽和脂肪酸は植物、魚の脂などに多く含まれ、飽和脂肪酸と同様エネルギー源ではありますが、体内で合成できないものが多いという特徴があります。不飽和脂肪酸は、さらにオメガ3系、オメガ6系といった「多価不飽和脂肪酸」とオメガ9系の「一価不飽和脂肪酸」に分けることができます。オメガ9系は動脈硬化や高血圧を予防し、腸の働きを活発にするため便秘予防の効果もあります。また、オメガ6系はコレステロール値を下げる作用があるものの、摂取し過ぎることによりアレルギー疾患や動脈硬化のリスクが高まります。オメガ6系は、現代人の食事からは過剰摂取となりやすく、また、オメガ9系は体内で合成できるため、注目したいのはオメガ3系です。オメガ3はサバ、サンマ、イワシなどの青魚に多く含まれ、体内で合成することができない脂肪酸で、中性脂肪を下げ、さらには血圧を下げる効果もあります。よって、積極的に摂取すべき脂肪酸といえます。オメガ3系はえごま油やアマニ油にも多く含まれ、これらの油は無味無臭であることから、普段の食事に小さじ1杯程度かけて摂取することがおすすめです。

いかがでしたでしょうか?油を見る目が変わったのではないでしょうか。ぜひ積極的に良質な油を食生活に取り入れてみて下さいね。