人生が変わるダイエットジム
ダイエット専門栄養士が監修
ウェルネサイズパーソナルジム銀座

平日、土曜日、日曜日、祝祭日:7:00~23:00

人生が変わるダイエットジム。ダイエット専門栄養士が監修
ウェルネサイズパーソナルジム銀座

満腹感とダイエット

毎回食べ過ぎているとたくさん食べても満腹感を感じられなくなったり、逆に少量の食事を続けていると少し食べただけでも満腹感を感じたりすることがあります。このことから、胃が大きくなった、胃が小さくなったといわれることがありますが、胃は食事によって収縮するものの、それ自体が大きくなったり小さくなったりすることはありません。

ではなぜ私たちはそのように感じるのでしょうか?
そもそも食べることにより満腹感を感じるのは、脳の視床下部にある満腹中枢が食欲を抑制するよう働くため。満腹中枢は接触活動を調整する役割を果たします。ダイエット中に食事の量を減らし続けると、少ない量でも満腹感を感じるようになることがあります。こうなれば、食べ過ぎを防ぐことができ、ダイエットも効果的に行うことが出来そうですよね。
また、食事の量だけではなく、食事を食べるスピードや咀嚼も満腹感に影響します。満腹中枢により満腹感を感じるまでは、食事を始めてから20分程度はかかるといわれています。咀嚼による満腹中枢の活性化もあるため、よく噛むことが満腹感につながります。逆にいうと「早食いは肥満につながる」というのはこのためです。
食事の量や質に加えて、食べ方も工夫して効果的なダイエットを行いましょう!