人生が変わるダイエットジム
ダイエット専門栄養士が監修
ウェルネサイズパーソナルジム銀座

平日、土曜日、日曜日、祝祭日:7:00~23:00

人生が変わるダイエットジム。ダイエット専門栄養士が監修
ウェルネサイズパーソナルジム銀座

ダイエット中の朝食について

ダイエット中は、とにかく食事の頻度、量を減らすという方がいらっしゃいますが、ただ減らすということは効果的なダイエット方法ではありません。

そもそも効果的なダイエットのためには体の「代謝」を上げることが必要ですが、代謝には「基礎代謝」「生活活動代謝」に加えて「食事誘発性熱産生(DIT)」があります。
基礎代謝は生きていくために必要な最低限のエネルギー消費のことで、寝ていても消費されるエネルギーを意味します。基礎代謝は、体重が同じであれば筋肉量が多いほど高くなります。一方で、生活活動代謝は日常生活や運動などで体を動かす際に消費されるエネルギーです。
基礎代謝は1日のエネルギー消費の60%~70%を占め、生活活動代謝は20%~30%を占めるといわれ、これらについては何となく意識できている方も多いのではないでしょうか。

実は、残りの10%程度は食事誘発性熱産生(DIT)という、食事によるエネルギー消費が占めているのです。「食べてエネルギー消費?」という疑問を持たれるかもしれませんが、これが無視できないのです。
DITは私たちが食事を摂ると、体内に吸収された栄養素が分解され、熱を発生させるのですが、その際に消費されるエネルギーです。食事後に体が暖かくなるのはDITによるもので、食事後は安静にしていても代謝量が増えます。
そして、DITによる代謝は昼食や夕食よりも朝食時が一番高く、タンパク質を摂る方が、糖質や脂質を摂る場合よりも高いといわれています。よって、朝食時にタンパク質を摂ることが効果的なダイエットにつながるといえます。
ここに当ジムが推奨する「しっかり食べてダイエット」の根拠が存在します。

是非ダイエット中は無理な食事制限をすることなく、効果的な食事を心がけてみて下さい。